FC2ブログ
2012/05/08 コザクラインコ
MASA-K




俺の家には・・・「コザクラインコ」なる小鳥を二匹飼っている・・・

友人にそんな話しをすると・・・



友人「エェ!?( ̄▽ ̄lll)・・そんな可愛らしいペット飼ってんの?」

 M「何だよ!?(;一_一)・・・悪いのかよ!?」

友人「イヤイヤ・・別に・・悪くはないんだけど・・・イメージが・・・(^-^;」

 M「どんなイメージだよ!!」



友人「そぉ~ねぇ~・・・( ̄O ̄;・・・犬とか・・・」



 M「犬って・・・どんな犬だよ・・・」











友人「ドーベルマンとか・・(゜ロ゜;」












 M「俺はギャングかよっ!( ̄△ ̄#) 」










 M「第一・・そんな獰猛そうなペット・・マンションじゃ飼えねぇーよ!」

友人「じゃなかったら・・・シェパードとか・・・ハスキーとか・・・( ・∀・)σ」

 M「犬から離れろよ!!!( - ゛-)」




友人「鳥類だったら・・・・














梟とか・・鷲・・鷹・・かな・・?」











 M「俺は戦国武将かっ!?(`□´)」










 M「お前さぁ~・・・それが・・俺のイメージ・・!?(`_´)」

友人「とにかく!!MASA-Kが・・小鳥ってイメージじゃないってことよ!!」






なんて会話をしたことを・・・思い出す・・・

しかし・・実際・・・面倒見てるのは・・・娘で・・・

俺は・・・何もしていないのだ・・・・


ところが・・・このGW期間中・・・・



娘「あのさぁ~・・・(  ̄ロ ̄)∩」

 M「ん!?・・・なんだ??(  ̄ー ̄)∩」

娘「いっつも・・・・餌替えとか・・・私がしてんだけど・・・」

 M「だから??( ̄▽ ̄;)」

娘「たまには・・・・父さんも・・餌替えてみたら???」

 M「そうだな・・・GW中は・・・俺が替えてやるか!?( ^∇^)」



ってなことで・・・GW期間中の小鳥の餌替えを請負うことに・・・



朝起きて・・・・ピィーチクパーチク鳴く小鳥のかごを開け・・・

餌が入ってる入れ物を取り・・・・

キッチンで・・・餌を替える・・・・

小鳥たちは・・・・それを分かっているらしく・・・

ソッコー!!飛んできてキッチンに集合・・・・

餌を・・・・じっと・・・・待ってる様子・・・



 M「エェ~っと・・・まずは・・・この餌を入れて・・・」

小鳥達「ピィ~~!!ピィ~~~!!」

 M「次は・・・カルシウムを入れて・・・・」

小鳥達「ピィ~~!!ピィ~~~!!」

 M「次は・・ビタミンを入れて・・・・」

小鳥達「ピィ~~!!ピィ~~~!!」



娘が・・毎日しているのを・・見よう見まねで・・・やってみる・・・

俺が・・餌を入れた瞬間!!

餌に・・・食らいつく小鳥達!!!( ̄□ ̄;)!!








ほら!!・・・食え!!

しかし・・・なぜか・・・・俺の指ばかり噛んで・・・・

一向に食べようとしない・・・・



 M「(; ̄ー ̄A・・・俺の指は・・餌じゃないぞ!!」



と・・・そこへ・・・娘が登場・・・


娘「どしたの??(¨ ) 」

 M「こいつら・・・俺の指ばっかり噛んで・・・餌食わないぞ・・・」

娘「あぁ~・・・これじゃ・・食べないわ!!」

 M「何で!?( ̄▽ ̄;)!!・・」

娘「この子には・・・これを多めに入れて・・( ・∀・)σ

     この子には・・これを多めに入れるの!( ・∀・)σ」


 M「そんな・・・好みが・・あるのか?こいつら??」

娘「そうよ!!父さんだって・・食べ物の好みがあるでしょ!?」

 M「ま・・まぁ~・・・」

娘「この子達にだって・・・好みがあるの!!」




娘の言う通りに餌を入れてみると・・・・

あら!!(@゜Д゜@;!!ビックリ!!!

バクバク食ってるじゃねぇ~か!!





しかしまぁ~・・・・

客観的に・・・自分を見てみると・・・・


やっぱり・・・俺に・・小鳥は・・・似合わねぇ~なぁ~~!!…( ̄。 ̄;)

可愛いっちゃぁ~・・・可愛いんだけどネ!!(^^♪
スポンサーサイト



12:46 | 未分類 | コメント:8 | トラックバック : 0 | page top
MASA-Kのここでしか言えない話し! ここで見た話しは誰にも話してはいけない


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 現場所長の苦悩的日々 All Rights Reserved.