FC2ブログ
2012/05/18 「組長伝説」part3
MASA-K



俺は・・・・こう見えて・・・

ドハンマーだ!

“カナヅチ”を上回る・・・ド!!ハンマー!!<( ̄- ̄)>

そう・・・俺は・・・全く!!泳げない・・・

だからといって・・・海が嫌いな訳じゃない・・・

そんな俺が・・・生死の縁をさまよう事になったのは・・・・




10年前・・・の夏の出来事・・・




平日に休みだった俺は・・・自宅から近くの海に行った・・・

平日なので、他の海水浴客も居ない・・・誰もいない・・・海

まさに!!プライベートビーチ!!

俺は・・水着を着て・・・パラソル立てて・・・

小麦色の体を目指し・・・体を焼いていた・・・




すると・・・そこへ・・・

幼稚園児を4~5人連れた若いお母さん連中が・・・やってきた・・・

お母さん連中は・・・子供達を・・・海で遊ばせながら・・・

シートを敷いて井戸端会議・・・・

子供達は・・・・“キャッキャ!キャッキャ!!”の大騒ぎ!!


夏の海!!照りつける太陽!!

打寄せる波の音しか聞こえない・・・静まり返った海・・・

目をつぶっていると・・・まさに・・・ハワイアン!!



そんな俺に・・・・お母さん連中の一人が・・・


母「あのぉ~・・・スイマセン・・・ヽ(^_^;)」

 M「は!?・・(・_・; なんでしょう・・?」

母「子供が・・・浮き袋を・・・海に忘れてきちゃって・・・」

 M「ハァ~・・・(・_・;・・」

母「もし・・よろしければ・・取ってきて頂けませんか・・?(^^;」




海を見ると・・・・まだ手前の方に・・浮き袋が・・・

プカァ~~ン・・・と浮かんでいた・・・

あそこなら・・・俺の腰あたりだろう・・・

この海は・・結構・・遠浅だったからな・・・f(^ー^;




 M「分かりました!!取ってきましょう!!(^∇^)/」

母「ありがとうございます!!(^人^)」

 M「ちょっと・・待ってて下さい」



そう・・言い残し・・・俺は海へと向かう・・・

ヒザ・・・・股間・・・・腰・・・・

だんだんと・・・深みにハマっていく俺・・・

しかし・・・・俺と・・・浮き袋は・・・常に一定の間隔を保ったまま・・・

沖へと・・・向かって行く・・・



すると・・・・・・







 M「ガボボォ~~・ゲボゴボゴボォ~・・(||゜Д゜)!」







遠浅だった海岸は・・・・ある所まで行くと・・・

急に深くなっていて・・・もう・・完全に足が付いていない!!

((((;゚;Д;゚;))))・・・アカーーン!!!



俺は・・・必死で・・・クロール??・・・犬かき??で泳ぐ・・

とにかく!!必死だった!!

チラッと・・・岸を見ると・・・・

とんでもなく・・・沖まで来てるではないか!!!( ̄▽ ̄;)

もう・・・後戻りは・・・・出来ない!!






あの浮き袋を・・掴まなければ・・

        俺は・・死ぬっ!!(゚Д゚;)






そう確信した俺は・・・必死で・・・浮き袋を掴もうと・・・泳いだ・・・もがいた!

周りから見れば・・・ただ溺れているだけにしか見えなかっただろう・・・

もがけばもがくほど・・・体力は奪われ・・・

浮き輪も・・・一向に取れない・・・・


“あぁ・・・俺は・・・ここで死んでしまうのか・・・”


そんな恐怖に打ちひしがれた・・・



その時・・・遠くで聞こえる・・・・母さん連中の声・・・



























母「すいませぇ~~ん!!

  無理だったら結構ですぅ~~!!( ̄O ̄;」














 M「うるせぇ~~っ!!(≧ε≦)ノ!!」




もう・・・状況は・・変わってんだよっ!!!

あなたの子供の浮き袋を取ってあげる事より・・・


今は・・・







生きる為に!!


浮き袋を取ってんだよ!!!( ゚曲゚)/







・・・意識が・・・遠くなっていくのが・・・・

自分でも・・・ハッキリ分かる・・・・


俺は・・・最後の力を振り絞り・・・・手を延ばす・・・・

これで・・掴めなければ・・・・俺はもう・・・死ぬ・・・




そう思って伸ばした手の・・・・小指に・・・・

浮き袋の回りに付いている“ヒモ”が・・・・







引っかかった!!







その浮き袋を・・・スッポリかぶり・・・

チャプチャプ・・・・チャプチャプ・・・・・

ε=ε=ε=ε=(; ̄▽ ̄)

命からがら・・・・岸まで戻ってきた・・・・


もう・・・・溺死寸前の状態だった・・・



お母さん連中は・・・

ありがとうございます・・・・・・

の一言だけ・・言い残し・・・・そそくさと去っていった・・・・




誰もいない・・・海岸の・・波打ち際で・・・・

溺死寸前の大人が・・・・一人倒れているだけだ・・・



通りすがりの・・散歩のおっちゃんが・・・・・












「あんた・・大丈夫かね・・・Σ(´ロ` )」










M「大丈夫なわけねぇ~だろ!(;´Д`)」
スポンサーサイト



12:52 | 未分類 | コメント:18 | トラックバック : 0 | page top
MASA-Kのここでしか言えない話し! ここで見た話しは誰にも話してはいけない


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 現場所長の苦悩的日々 All Rights Reserved.