2013/02/28 破損
MASA-K



先々週・・・

俺が事務所で原価書類を作っているところへ・・・

K君が・・慌てて事務所に来て・・・俺にこう告げてきた・・・



K「あのぉ~・・所長・・?」

 M「なんだ?・・どうした?(-。-)y-~~~~ 」

K「現場にある水タンクを破損してしまいました・・・(||゚Д゚) 」

 M「は?・・・なんで??( ´ロ`)σ 」

K「現場車で・・・ちょっとぶつけてしまって・・・すいません・・・o(._.)o ペコリッ! 」

 M「ヤったもんは・・しょうがないだろ!リース屋に電話して修理依頼をかけろよ!」

K「はい!分かりました!スイマセンでした! _(_^_)_ 」

 M「もういいよ・・分かったから・・・( ̄0 ̄;) 」




K君は・・現場にある“ハイウォッシャー”の水タンクを・・・

現場車でぶつけて破損させた・・・・と言う・・・

俺は・・お金の書類をしていた為、正直・・あまり話しを聞いていなかった。

それに・・・プラスチックで出来た水タンクなんて・・修理すればいい・・・

空港の施設を破損させなければ・・そこまで目くじら立てて怒ることでもなかろう・・・

と・・・・・






そして・・先日・・・・

リース屋と・・今月の請求書の件で・・事務所で打合せをしていた・・・



リ「では・・・このゴムマット110枚と鉄板の請求書は一緒ですね・・φ( ̄∇ ̄o) 」

 M「そうだな・・・それと、タラップと布板・・それと・・セーフティーブロックは・・一緒だ・・」

リ「はい!タラップ・・布板・・セーフティーブロック・・っと! φ( ̄ー ̄ ) 」

 M「だいたい・・今月は・・そのくらいだな!! ( ̄. ̄;) 」

リ「そう・・・です・・・ね・・・」

 M「よっしゃ!じゃ・・後で請求書・・郵送かけといて!(^_-)-☆ 」





リ「あっ!!所長!!」


 M「ん??・・・まだ・・何かあったっけ?? (; ̄ー ̄A 」


リ「あと・・・この前・・Kさんから修理依頼が来てた・・水タンクの件が・・・(^^ゞ 」

 M「あぁ~あ~・・・そうだった!そうだった!!! (´・∀・)σ 」

リ「ですよねぇ~・・・(^_^;) 」

 M「で!・・・修理代は・・いくら?? ( ´ー`)∩ 」

リ「だいたい・・・ロク・・・くらいですかね・・??( ̄▽ ̄;) 」



M「そっか!!6000円か!じゃ一緒に請求書にのっけといて!! (*´∇`)ノ♪ 」





リ「いやいや・・・所長・・・








ロク!マン!エン!です・・・(||´∀`)σ 」





 M「ハァ~!? ロクマンエンだと!!( ̄□ ̄;)!! 」



リ「そうなんですよ・・・(-_-; 」

 M「なんで!?修理に・・60,000円も掛かるんだよ!! ( - ゛-)σ 」

リ「いやぁ~・・所長・・あれ・・・修理・・無理ですわ・・(; ̄ー ̄A」

 M「なんで無理なんだよ!!」

リ「所長・・水タンク・・見られました?? (;¬_¬)…」


 M「いや・・見てないけど・・Kは・・“ちょっとぶつけた”ような事言ってたぞ!」



リ「えっと・・・これが写真・・・なんですけど・・・」





 M「何だこれ!バッキバキじゃないかよ! Σ( ̄[] ̄;) 」




リ「でしょ・・??・・これ・・もう修理できないっす・・・」

 M「だよな・・・これだけ・・ イっ ちまってたら・・・無理だな・・( ̄ー ̄lll) 」

リ「なので・・“修理”ではなくて・・・“買取り”になるんですよ・・・」




    あの・・Kの野郎・・・“ちょっと”じゃねぇ~じゃねぇ~かよ!"(ー""ー ) "




 M「ま・・これじゃ・・・しょうがないわな・・・(;´Д`)」

リ「一応・・Kさんが持ってきた時に・・言っておいたんですが・・・(;一_一)・・??」


 M「なに!?本当か!?(  ̄ロ ̄)σ 」


リ「あれ?・・聞かれてないんですか??」

 M「聞いてねぇ~よ!!でも・・もうしょうがないだろ・・・( ̄ロ ̄) 」


リ「じゃ・・・この60,000円も・・今月請求で・・よろしいですか? 」

 M「しょうがないだろ!・・いいよ!今月に乗せておいてくれ!」

リ「了解しました!!( '∀`)ゝ”」






その日の夜・・・

どうしても・・Kに言っとかないといけない事がある!!!

あのタンクを見て・・・修理するのが無理だと・・・Kも分かってたはず・・・

リース屋から・・「修理はは出来なくて・・買取になる」と言われていたこと・・・

これを・・正直に話さなかったことだ!!



夜・・KとM下が事務所に戻ってきた・・・



K「お疲れ様です・・・( ^∇^) 」

M下「お疲れ様です!(  ̄▽ ̄) 」



M「はい!お疲れさん!!!・・・






ちょっと!K!!お前!こっち来い!!( ゚Д゚)σ!! 」



K「は・・はい・・・・(;´Д`) 」

 M「お前な・・水タンクの件!!今日リース屋から全部聞いたぞ! (`Д´)σ 」


K「あ・・・(! ──__──)・・・」


 M「あの時・・お前・・俺に何て言ったよ!!」

K「スイマセン・・・」

 M「“ちょっとぶつけた”って言っただろ!?( ー_ー)σ 」

K「は・・ハァ・・・(;´Д`A ``` 」

 M「写真・・見たけど・・ありゃ・・“ちょっと”じゃねぇ~だろが!!」

K「スイマセン・・・」

 M「それとだ!!お前・・リース屋から・・“これは買取りになる”とも聞いてたんだろ!?」

K「は・・ハイ・・・((((;゚;Д;゚;))))カタカタ・・・」



 M「あのな・・・俺達は・・・信用されてなんぼの商売だろが!!!

水タンクを壊したのは・・一生懸命・・仕事してヤったこと・・・それは・・いだろう・・・・

しかしな・・・・






ウソ付くのと!

正直に言わない事がダメなんだよ!( ゚曲゚)σ 」





 K「スイマセン・・(((( ;゚д゚)))アワワワワ 」




 M「ウソって言うのは・・・必ずバレる!!バレた時には信用をなくす!!」

K「ハイ・・・(#+_+)」

 M「どんだけ小さなウソだって・・時間が経てば・・大ヤケドを負う事になるんだぞ!」

K「ハイ・・・」


 M「言いにくい事こそ!勇気を出して真先に言えっ!(  ̄ロ ̄)σ 」


K「ハイ・・・分かりました・・・(;>_<;) 」




よし・・・もう・・これで・・Kも分かっただろ・・・"┐( -""-)┌ ヤレヤレ"







 M「よし!!もうこれで叱るのは終わりだ!!( ̄0 ̄;) 」

K「はい・・・・(--、) 」

 M「っとに・・・それより・・現場車・・もっとゆっくり運転しろよな!(* ゚ー゚)σ 」

K「はい・・・ゆっくり運転します・・・」


 M「修理代や・・買取料も安くねぇ~んだからな!!(; ̄ー ̄A 」


K「はい・・・」



 M「じゃぁ~・・・・今度・・・





Kに飯でもおごってもらおうかな!( ´ー`)σ 」







K「それは無理です!!(・_・; 」







 M「○Oo。―y( ̄∇ ̄;)プハー」



あのな・・・Kくんよ・・・・・

誰も・・K君から・・本気で飯をおごってもらおうとは・・・・

思っちゃいないんだよ・・・・( ̄▽ ̄;)


ただな・・・・



ただね・・・・




この流れで・・・・





この会話で・・・・・・







そうきたら・・・・・・・・・・・・












嘘でも「ハイ」じゃねぇ~かな・・(; ̄Д ̄)σ
スポンサーサイト
10:00 | 未分類 | コメント:24 | トラックバック : 0 | page top
MASA-Kのここでしか言えない話し! ここで見た話しは誰にも話してはいけない


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 現場所長の苦悩的日々 All Rights Reserved.