--/--/-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top
2016/08/31 自覚・・・・・
MASA-K



一昨日より・・・・

U山の現場に・・・新たな職員 “Y元” が入ってきた!!

このY元・・・・以前・・無電柱化工事を一緒にやった部下だ!!

俺の今の『立ち位置』はU山のサポート役だが・・・・

一昨日から来た “Y元” は・・・この現場でU山と共にやっていくことになる!!

この日から・・・・・



U山 → 『監理技術者』

Y元 → 『現場代理人』



要するに・・・

現場管理における体制強化!!

という目的だ!!

実際・・・・U山は・・・30代後半・・・・

Y元は・・・・40歳前半・・・・

年齢的にも・・・ちょうどいい具合だろう!!


Y元も・・・自分の道具を一式・・事務所に持ち込み・・・

パソコンをセットし・・・・

ひと段落ついたら・・・打合せをするぞ・・・と言っていた!!










Y元「さて・・・と!!・・・U山・・・打合せしようや!(  ̄ロ ̄)σ」

U山「あ・・・はい・・・( ̄0 ̄;)」




俺も・・・同席して・・・今までの状況や・・問題点に漏れがないか・・・・

チェックの意味もかねて・・・・二人の打合せを聞いていたんだ!!





Y元「じゃ・・・この現場の事・・説明してくれ・・・( -Д-)σ」

U山「あ・・・はい・・・・では・・・・・






この現場の監理技術者の・・U山と申します・・・( ̄O ̄;」






 M『何で自己紹介からなんだよっ!(# ゚Д゚)σ』





U山「ヘッ・・・・??( ̄▽ ̄;)」






Y元「お前がU山なのは知ってるし!(  ̄▽ ̄)σ」





 M『お前は・・・初対面かよっ!!(  ̄ロ ̄)σ』

U山「いえ・・・ずいぶんと・・前から・・・・知ってます・・・(^^ゞ 」

 M『自己紹介とかじゃなくて・・・・現場の説明をするんだよ!!( -∀-)σ』



U山「はい・・・・・(;´Д`)







ここの住所は・・・福岡市・・東区・・・・・」







Y元「だから!それも判ってるんだって!(。≧O≦)ノ」





U山「あ・・・そっか・・・・ここに来てるんですもんね・・・(^^ゞ 」

 M『ε=( ̄。 ̄;A ハァ…』






それから・・・・ひとしきり・・・工事の説明をしたU山・・・・・

それはそれで・・・・間違ってはいなかった・・・・

ていうか・・・・・

間違うような事を言わなかった・・・・と言った方が正しいだろう・・・・

図面を見たら・・・判るようなことを・・・・喋ってるんだからな・・・・







Y元「はい・・・ま・・それは・・・図面を見たら・・判ったけど・・・(; ̄ー ̄川 」

U山「まぁ~・・・そんなところですかね・・・・?(^◇^;)>」

Y元「え・・・・何か・・・問題点とかは・・ないの??(  ̄ー ̄)σ」







U山「いえ・・・これと言って・・・ないです・・・(; ̄ー ̄A」



 M『オイッ!!あるだろがっ!☆\( ̄ ̄*)バシッ』



U山「えっ??何か・・ありましたっけ?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)?」



 M『ハァ~~~~ッ!?!?( ̄□ ̄|||)??』




U山「えぇ~~~・・・・っと・・・・・(;´Д`A ```」

 M『お前さ・・・・今・・・工程が遅れてて・・・昨日も・・・工程の件で話しただろ?( -Д-)σ』

U山「は・・・・はい・・・・・( ̄0 ̄;)」

 M『それは・・・・どうして遅れてるんだよ・・・・(  ̄ロ ̄)σ』



U山「どうして・・・って・・・・・






海の満潮時・・・現場内に水が入ってくるから・・・・?f(^ー^;」




 M『それが・・問題点なんだろうがっ!!(╬◣д◢)σ』




Y元「いやいや・・・それ・・かなり問題でしょ?!!( ;;゚;Д;゚;)/」







 M『でな・・・その水を・・どうやって止めるのか・・・今・・発注者と一緒に検討中でな・・・( -Д-)σ』

Y元「そうでしょうねぇ~・・・・土木工事は・・・水を解決しないと・・着手は出来ませんよ・・・( ー_ー)σ」

 M『それが・・・・BOXの切り回しにも・・影響してくるからな・・・・( ゚Д゚)σ』

Y元「じゃ・・・今・・大型土のうと積んでる間に・・・解決しないといけないわけですね!( -∀-)σ」

 M『そうだ!!それが・・・今・・最大の課題なんだ!!( ゚Д゚)σ』






Y元「てか・・・それ・・結構な問題でしょ?U山は・・・知ってたんだろ?(  ̄ロ ̄)σ」




U山「ま・・・・なんとなく・・・・・・・(゚_゚i)タラー・・・」




 M『なんとなく???・・・・(゚ロ゚;)エェッ!?




ずっと・・この話しをしてただろがっ!(#`皿´)σ』




U山「そこまで・・・深い話しだったとは・・・思いませんでした・・・・(;´д`)ゞ」



 M『おい!!U山!!お前・・・ちょっと・・・横・・向いてみろ・・・( -∀-)σ』

U山「えっ・・・横・・っすか・・・??・・・・はい・・・・」





 M『おぉ~~!!U山ぁ~~~・・・・・





お前の右耳の穴から・・・向こうの景色が・・よく見えるぞ!( ゚∀゚)σ』




U山「え??そうですか??・・・ありがとうございます!(^^ゞ 」




Y元「U山・・・お前の耳は・・・節穴って・・言われてんだろ!?(  ̄ロ ̄)σ」

U山「え・・・・そうなんですか・・・??(; ̄ー ̄川 」




Y元「言ったことが右から左に筒抜けだから!向こうの景色が見えるって言ったんだよ!( ゚Д゚)σ」



U山「え・・・・・・(゜ロ゜;」

Y元「もうちょっと・・・“ピンッ!”ってこいよ!( -∀-)σ」





U山には・・・所長としての・・自覚が・・・ε=( ̄。 ̄;A フゥ…




スポンサーサイト
07:03 | 未分類 | コメント:8 | トラックバック : 0 | page top
MASA-Kのここでしか言えない話し! ここで見た話しは誰にも話してはいけない


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 現場所長の苦悩的日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。