2016/11/02 ゲリラ豪ウン・・・其の2
MASA-K





“ゲリラ豪ウン”に見舞われて・・・・

必至の思いで・・・自宅の駐車場に戻ってきたんだけど・・・・

そこには・・・・


息子の車が停まっていたんだ!Σ(゚Д゚;エーッ!


これは・・・まれにあることで・・・・

その場合・・・・俺が・・・・息子の駐車場に停めるんだけど・・・




もう・・・・一刻を争うこの状況では・・・・

俺も・・・


一歩も引けねぇ~んだ!!


というか・・・・・

一歩も動けねぇ~~!!。。゛(ノ><)ノ ヒィ




俺は・・・息子の携帯に電話した・・・・




が・・・・・

全く出る気配がない・・・・

ならば!!

自宅に電話を掛ける!!










娘「はいもしもし・・・・( ̄O ̄;」

 M『おぉ~・・・・俺だ・・・・(; ̄ー ̄A』

娘「どうしたとぉ~~・・・??(・_・;」

 M『おい・・・そこに息子はいるか??( ̄0 ̄;)』

娘「うん・・・居るけど・・・・」

 M『ちょっと・・・変わってくれ!!(;゜0゜)』





娘「でも・・・・お兄ちゃん・・・・・






夜勤上がりで・・・さっき寝てたよ!(  ̄ロ ̄)σ」




 M『あいつ・・夜勤明けだったのか!?(|| ゚Д゚)/』





娘「うん・・・だから・・絶対・・・起きないと思うよ!( -∀-)σ」





 M『じゃ・・・お前・・・車を運転してくれ!( -Д-)σ』





娘「は・・??・・・いやよ! ( ̄0 ̄;)」




 M『頼む!車を動かしてくれぇ~ぃ!(;´Д`)』




娘「あ!分かった!それ・・お笑いコンビ“ライス”のマネでしょ?( ^∇^)σ」

07bd1b4a22edac13ad89446e81b39b29.jpg




 M『違うわっ!マジでお願いしてるんじゃ!(#`皿´)σ』


     こんな状況で・・・ふざけれるかっ!(#`Д´)σ




娘「なんで?父さんが・・兄ちゃんの駐車場に入れればいいじゃん!( -Д-)σ」

 M『それが・・出来ないから・・言ってるんだろ?(゚Д゚;)』

娘「だって・・・・兄ちゃんが助手席に乗ってないと・・・運転したらダメなのよ!(;゜0゜)」

 M『なんだよ?そのルールはっ!?(。≧O≦)ノ』

娘「だって・・・・兄ちゃんが・・そう言うんだもん!!」

 M『もういい!!わかった!!』








いかん!!!

こんな・・・拉致のあかない話しをして・・・・時間を費やすくらいなら・・・・

もう・・・俺が・・息子の駐車場に停める方が・・・早いかもしれないぞ・・・・




そう考えた俺は・・・・

車をUターンさせ・・・息子の駐車場へ向かったんだ!!

一旦・・・マンションを出て・・・・

息子の駐車場へ・・・・




その間も・・・・・

ゲリラ豪ウンは・・・・容赦なく襲いかかってくる!!



     “ダメだ・・・マジ・・・限界だ・・・・・(;´Д`A ```”




モジモジ君が止まらねぇ~~!!!

あぶら汗が止まらねぇ~~!!!

こういう・・・極限の状態を迎えた時・・・・・



ふと・・・・こう考える・・・・・




『ちょっと待てよ・・・これは・・・もしかして・・・“オナラ”なのかもしれないぞ・・・・

もし・・オナラだったら・・・さっさと出しちゃって・・・楽になれるのに・・・』






完全に・・・悪魔のささやきだ・・・・

そんなささやきに乗って・・・肛門をゆるめようものなら・・・

まさかの・・オナラじゃなかったら・・・・

大惨事は免れないだろう・・・・

ダメだ!ダメだ!!絶対にダメだ!!





そんな・・・壮絶な葛藤の中・・・・

息子の駐車場へたどり着いた・・・・

3分という時間が・・これほど長く感じたことはない・・・・





車を・・・停車させ・・・・

サイドブレーキを引き・・・・駐車完了・・・・

でも・・・・まだまだ・・・終わらないんだ!!




さて!ここからが・・・・

さらなる闘いだ!!





絶対に負けられない闘いが・・そこには・・ある!





ドアを開け・・・・・・

慎重に・・・慎重に・・・・

右足から・・・・ソォーーー・・・っと足を降ろす・・・・・

次は・・・・左足・・・・・・・

ここを・・・スムーズにしないと・・・・

足を開いた状態では・・・お尻力が入らず・・・緩んでしまうからな・・・( -∀-)σ

肛門を緩めたら・・・・終わりだ!!





よし・・・・両足が・・地面に着いた・・・・・




そして・・・・そこから・・・立ち上がる時・・・・

この瞬間が・・・・



一番のデンジャラスタイムだ!!



お腹に・・力を入れないように・・立ち上がる・・・・

少しでも・・・お腹に力を入れようもんなら・・・・





“フンッ!・・・ブッ!・・・・ダァァアア~~!・゜・(ノД`)”




一巻の終わりだ!!( ̄▽ ̄;)!!ガーン




肛門を緩めず・・・・お腹に力を入れず・・・・




通常・・・何気なくやってる・・・車の乗り降りが・・・

こんなにも・・・過酷で・・・壮絶なものだったとは・・・・

ゲリラ豪ウン・・・・恐るべし!!

負けるな!!気持ちで負けたら・・・終わりだぞ!!

いつも・・・俺が・・・ピッチャーに言ってる言葉だ!!





難関は突破した!!




あとは・・・・・マンションのエレベーターまで・・・・

持ってくれれば・・・・家はすぐそこだ!!





チョコが・・リードを引っ張る!!

引っ張るな!チョコ!(#`皿´)σ



走ったら・・・・ダメだ!!

しかし・・・・・・


肛門に力を入れたまま歩くって・・・・・


意外と大変で・・・・

確実に・・・内股歩きになってしまう・・・・

見る人が見たら・・・・





あれ・・ウ○コ我慢してる歩き方だぜ!( ゚∀゚)σ





って・・・すぐに判ってしまうだろう・・・・・

でも・・それでもいい!!

漏らすより・・・・100倍ましだぜ!!



競歩のような歩き方で・・・・・

小学生より遅いペースで歩いている俺は・・・・

一体・・・何者と思われてるんだろう・・・・





必死の思いで・・・・自宅まで帰り着いた俺は・・・・


わき目もくれず・・・・ソッコートイレへ!!



“セーフッ!セーフッ!セェ~~~フッ!!”




もう・・・・ギリギリセーフ・・・・といったとこだ!!

数センチ・・・・の攻防だったよ・・・・




勝った・・・・・


俺は・・・・この闘いに・・勝ったんだぁ~~!!




人生は・・・・辛い事の連続だ・・・・


時に・・・闘わなければならない事も!!


トイレから・・・清々しい顔で・・出てきた俺に・・・・



娘が・・・・





「お菓子か・・アイス買ってきてくれれば良かったのに!?(  ̄ロ ̄)σ」





娘は・・・・・・

俺の死闘を知らない・・・・・


そんなことをしてたら・・・・・

今の俺は・・・・ここには居ないんだよ!!(#`Д´)σ


スポンサーサイト
06:50 | 未分類 | コメント:14 | トラックバック : 0 | page top
ザ!五ヶ山! << Home >> ゲリラ豪ウン・・・其の1
Trackback
> それは、それは、お疲れ様でした。
> でも、ああいう時って、おならとの区別がつかなくなりますよね。
> でも、間にあってよかった。
>
> 私はおならだと思って、ゆるめたら、、、
> 違っていたということが数回ありました(^^;)。

森の端材工房さん!!チィ~ッス!!(⌒∇⌒)ノ"

素晴らしいカミングアウト・・・
ありがとうございます!(*^-°)v
でも・・正直・・・
俺もあります!ヾ(≧▽≦)oひゃっはっはっ
オナラと思って・・力入れたら・・・
ムニョ・・って!!(*^日^*)゛グワッハッハ
男性あるあるですよねぇ~!!(^_-)-☆
2016/11/03 08:28 | URL | MASA-K #- | 編集
> まるで サスペンスドラマを見てる様に
> ドキドキッハラハラでした☆
>
> そこまで我慢できるんですね~
>
> ホッ!としてココア飲んでます(^^♪

reimi01さん!!チィ~ッス!!O(≧∇≦)O

いやいや・・・・
ホッ・・としてココアですかぁ~?(゚ロ゚;)エェッ!?
ゲリラの話しの後に・・・
ココアは・・・・ちょっとぉ・・・(; ̄ー ̄川
でも・・・
ちょっとしたノンフィクションの
サスペンスドラマですよねぇ~・・(^◇^;)>
2016/11/03 08:26 | URL | MASA-K #- | 編集
> こんにちは~♪
> 男性あるあるですねヽ(≧∀≦)ノ
> ウチの旦那さんも究極で走りこんでます 笑
> もうMASAさんのストーリーが
> リアルすぎて超ウケます(σ≧▽≦)σ

sibanekoさん!!チィ~ッス!!(*´▽`)/

これって・・・男性だけなんですかねぇ~・・・
俺なんて・・・
結構な頻度でありますよぉ~!(^◇^;)>
男性の方が・・・腸が弱いんですかねぇ~・・・
もしかして・・・
俺だけなのかなぁ~・・(ノ∀≦。)ノぷぷ-ッ笑
2016/11/03 08:23 | URL | MASA-K #- | 編集
>  どうなるかと手に汗握る思いで読み終えました。うんに見放されず本当に良かったです。

inkyoさん!! チィ~ッス!!(* ̄▽ ̄*)ノ"

はい!!
天は我を見はなさなかったようです!(^^ゞ
しかし・・・
毎回・・この突然やってくる腹痛には・・・
参ります・・(*´Д`)=3ハァ・・・
予測がつきませんよねぇ~・・・
2016/11/03 08:21 | URL | MASA-K #- | 編集
> 自分への勝利
> おめでとうございます。
> てっきり。。。かと思いましたが
> いい意味で期待を裏切られました。(笑)

まろさん!!チィ~ッス!!(≧∀≦)♪

ある意味・・・
期待通りの結果なら・・・
おそらく記事にはしていないと思います・・(^^ゞ
いや・・・
俺だったら・・書いてるな・・(;^_^A
でも・・・いい意味で期待を裏切ってしまって・・・
良かったですよ!(^_-)-☆
ギリギリの攻防でした!!(((*≧艸≦)ププッ
2016/11/03 08:18 | URL | MASA-K #- | 編集
> 組長、ゲリラ豪ウンに
> 耐えれて良かったです!!
> 車から降りるときの気持ち
> めっちゃわかります!(^^)!

係長さん!!チィ~ッス!!( ⌒▽⌒)/

腹痛に耐えながら・・・
お尻に力を入れるって・・・
意外と大変なんですよねぇ~・・(-。-;)
ちょっとでも緩めたら・・・
アウト!!ですから・・・
車を降りる瞬間が・・一番ドキドキします!(^◇^;)>
2016/11/03 08:16 | URL | MASA-K #- | 編集
> よく頑張りました!!e-278e-280です(* ̄m ̄)プッ
>
> これ読んだらまた父ちゃん大爆笑だわ
>
> ウチは自家用のPがちょっと離れてるんで、
> 最悪は空きスペースに止めて、管理人さんが居たら、
> 「10分だけお願いします」と頼むだろうな~
>
> で、7階なんですが、そういう時に限って10回にエレベーターが止まってるんだろうな~
> しかも部屋は端っこだし・・・
>
> 仕事中、思い出し笑いしそうです~(笑)

豆兄弟の母さん!!チィ~ッス!!( ´ ▽ ` )ノ

仕事中笑ったらだめですよぉ~!(*^m^)o==3プッ
しかし・・・
腹痛は突然やってきますから・・・
ホント大変です・・・
そして・・・
そういう時に・・悪い事が重なるんですよねぇ~・・(;´д`)ゞ
今回も・・・ギリギリセーフで・・・
助かりました・・・(;´Д`A ```
2016/11/03 08:14 | URL | MASA-K #- | 編集
それは、それは、お疲れ様でした。
でも、ああいう時って、おならとの区別がつかなくなりますよね。
でも、間にあってよかった。

私はおならだと思って、ゆるめたら、、、
違っていたということが数回ありました(^^;)。
2016/11/03 02:33 | URL | 森の端材工房 #qbIq4rIg | 編集
まるで サスペンスドラマを見てる様に
ドキドキッハラハラでした☆

そこまで我慢できるんですね~

ホッ!としてココア飲んでます(^^♪
2016/11/02 20:45 | URL | reimi01 #- | 編集
こんにちは~♪
男性あるあるですねヽ(≧∀≦)ノ
ウチの旦那さんも究極で走りこんでます 笑
もうMASAさんのストーリーが
リアルすぎて超ウケます(σ≧▽≦)σ
2016/11/02 16:06 | URL | sibaneko #- | 編集
 どうなるかと手に汗握る思いで読み終えました。うんに見放されず本当に良かったです。
2016/11/02 08:54 | URL | inkyo #yNKEkr8c | 編集
自分への勝利
おめでとうございます。
てっきり。。。かと思いましたが
いい意味で期待を裏切られました。(笑)
2016/11/02 08:43 | URL | まろ #- | 編集
組長、ゲリラ豪ウンに
耐えれて良かったです!!
車から降りるときの気持ち
めっちゃわかります!(^^)!
2016/11/02 08:16 | URL | 係長 #- | 編集
よく頑張りました!!e-278e-280です(* ̄m ̄)プッ

これ読んだらまた父ちゃん大爆笑だわ

ウチは自家用のPがちょっと離れてるんで、
最悪は空きスペースに止めて、管理人さんが居たら、
「10分だけお願いします」と頼むだろうな~

で、7階なんですが、そういう時に限って10回にエレベーターが止まってるんだろうな~
しかも部屋は端っこだし・・・

仕事中、思い出し笑いしそうです~(笑)
2016/11/02 07:55 | URL | 豆兄弟の母 #- | 編集







MASA-Kのここでしか言えない話し! ここで見た話しは誰にも話してはいけない


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 現場所長の苦悩的日々 All Rights Reserved.