2011/09/27 掃除機物語
MASA-K


月曜日・・・・


俺の現場事務所はいつも掃除が行き届いてる。


自慢ではないが、事務所がきれいな現場はなぜか仕事意欲をかりたたせる  


様な・・気がする・・・


夜間工事だから、日々の掃除は机を拭いたり・・床を掃き掃除・・・程度


しかし、月曜日は現場担当員S君もK君も朝から出勤なので・・・みんなで大掃除から1日が始まる。


1週間分の汚れを隅々まで掃除する。


もちろん!!床もフローリングワックスまでしっかりとする。


別に誰が何をするって決めてる訳ではないが・・・


最近・・なんとなくわかってきた。現場担当員S君とK君は二人で役割分担を決めているようだ。


俺が見てて・・・・


         掃除機掛け・・・・・S君

           

         床拭き掃除 ・・・・・K君

           

         フローリングワックス・・・・K君

           

         窓拭き、机拭き・・・・・・・・S君

           

         ゴミ回収・・・・・・・K君




こんなところだ。・・まぁ~・・K君の方が作業量が多い様な気がするが・・・・


そこは二人で決めたことなんだろう・・・



昨日は、なぜかS君が少し遅れてきた。K君は、S君が掃除機をかけてくれないと床拭き掃除ができない


先に来ているK君は・・・『待ってられない!!』とばかりに


掃除機を持って床の掃除機掛けを始めだした。


「ブゥォォォオオオオオオオオオ~~~~~~~」


と掃除機の音が事務所内に響き渡り・・・しばらくして・・・・


S「しょちょぉぉぉおおおお~~~!!遅れましたぁ~~~~



とS君が息を切らし玄関を入ってきた・・・



そして・・・掃除機をかけてるK君に・・・



S「K君・・変わるよ・・・」



K「いや・・もうやってるんで・・・僕がします・・」



S「いやいや・・・僕が変わるから・・」



K「ホントに・・・普通に今やってるんで・・・拭き掃除やってもらっていいすか?」



S「いやいやいや・・・・・僕がするって!!!・・・」



K「いやいやいやいや・・・・僕がしますって!!!」



S「いやいやいやいや・・・・僕の仕事だって・・・K君・・拭き掃除やって!!」



K「いやいやいやいいや・・・・・・・」






お前ら・・ダチョウ倶楽部かっ!!!




どうもS君・・・拭き掃除が嫌いのようで・・・



意地でも掃除機は譲れない様子・・・その殺気立ったS君の形相にK君が・・・折れた・・・



K「わかりました・・・」



と・・掃除機を手渡し、雑巾を手に拭き掃除を始めたK君・・・



そんなK君に追い打ちをかけるS君



S「ちょっとぉ~~~!!K君!!??」



K「はい



S「ここさぁ~・・・まだホコリが溜ってるじゃん!!ちゃんと掃除機掛けたのぉ!!」



S「だいたいさぁ~・・・こんな隅っこのところこそ!!ちゃんとかけないとぉ~!!


       所長はちゃんと見てるよぉ~~~!!」



と・・・強烈すぎるS君の掃除機レクチャーが始まる



K君は・・・雑巾片手に・・・うんざり顔・・・



S「だからさぁ~・・・僕がやるって言ったんだよ・・・K君じゃまだまだだよね・・・」






小姑かっ!!







掃除も終わり・・・ホッとしてると・・・・




足元が・・・・『ジャリ・・・・・・』・・・・・・・・・




ん・・・・




部屋の真ん中付近・・・・・掃除機掛けてねぇ~じゃねぇ~かよ!!





MASA-K「ちょっとぉ~!!S君・・・ここ・・・なんか・・・ジャリジャリ・・しとるがな!!」




S「えぇぇ~~




MASA-K「隅っこばっかり目がいって・・・大きなところを見逃してるぞ!!」




S「す・・・すいません・・・・




MASA-K「いいから・・・掃除機!掃除機持ってきてっ!!」








K「はい!!掃除機持ってきました!!」










S「へ・・・・ 




K「掃除完了しましたっ!!」






K君 いっぽんっ!! !!!

スポンサーサイト
10:08 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
聞き間違い << Home >> 敗戦
Trackback







MASA-Kのここでしか言えない話し! ここで見た話しは誰にも話してはいけない


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 現場所長の苦悩的日々 All Rights Reserved.