2017/04/22 その壁を・・・越えろ!
MASA-K



今・・・U山とY元がやっているアイランドの工事・・・・

もう終盤を迎えようとしている・・・・

工事も終盤になってくると・・・・

工期・・・変更数量・・・工事原価・・・

そして・・・検査書類・・・

様々なものが・・・重なり合い・・・

その時その時の判断で・・・

こちらが主導権を持ってやらなくてはならない事・・・

発注者と協議をしなくてはいけない事・・・

下請と打合せをして決めなくてはいけない事・・・

などが・・・・一気に押し寄せてくる!!



そんな中・・・・

今・・・U山とY元は・・・岐路に立たされている・・・

いや・・・・大きな壁に立ち塞がれている・・・

といった感じだろう・・・


しかし・・・それは俺からしてみると・・・

至極。。。普通の事だと認識される!!


要は・・・・・


俺にしてみると・・・普通の事でも・・・・

彼らにとっては・・・大きな壁なのだ!!


だからと言って彼らは・・・今回の現場が・・・

初めて受け持つ現場ではない・・・・

過去にも・・所長として数現場こなしてきた・・・

いわば・・中堅クラスなわけだ!!


そんな彼らは・・・・

今回・・・俺と同じ事務所で・・・・

俺の現場の進め方を知り・・・・

そしてそれを実行するにあたって・・・・


かなりのカルチャーショックを受けてるようだ!


俺からすれば・・・・当たり前のことも・・・・

彼らからすれば・・・・皆目見当もつかない事!!


それらを初めてすることの・・・不安・・・・

今までやったことがない事をしようとする・・・プレッシャー・・・


そんなものがあるのだろう・・・・


俺も・・・所長・・・・

彼らも・・・所長・・・・


そんなゾーンでは同じ立ち位置の彼らとの一番大きな違い・・・・

それは・・・・以前も書いたが・・・・


『考動力』


の違いに他ならない!!

物事の道理・・・・

話しの筋道・・・・

事の本質・・・・

そう言うものを・・・理解し・・・見極め・・・・

考え・・・

そして・・・皆にとって何が一番最良な方法かを見出し・・・・

検討し・・・・

動く!!


これこそが・・・“考動力”だと思っている!!

少なくとも・・・俺は・・それを信念に動いてきた!!


しかし・・・・彼らはそうではなかった・・・・

いや・・・・そうしなかった・・・・

がこの場では・・・適切な言葉だろう・・・・


そう・・・・・

今まで・・そうしなければいけなかったことを・・・・

してなかった・・・・

しなかった・・・・

それは・・・どちらでもいいんだが・・・・


これは・・・確実に“経験値”として現れる・・・・

自分を・・・追込むことなく・・・・

他力本願でやってきた証しだ・・・・



本来・・・元請け業者である以上・・・・

現場を仕切り・・・指揮し・・・

主導権を持ってやらなければいけない立場も・・・・

他力本願では・・・主導権もなにもないだろう・・・

利益なことも・・・・不利益なことも・・・・

言われたままに・・・・やってきたのだろう・・・・

しかし・・・それは・・・ただ・・・・


やらされていただけの・・・“行動”・・・・



だから・・・彼らには・・・・

考えて動くことの重要性を知ってもらわないと・・・・

本質は見えてこない!!



彼らからすると・・・・俺から言われてやる仕事は・・・・

“強制”と思っているだろうが・・・・


俺が彼らに指導してさせる仕事は・・・

“矯正”と思っている・・・・



未来の・・・できる所長となってもらうための・・・・“矯正”


彼らが一人前の所長になるのであれば・・・

俺は・・・悪者にでもなってやるよ・・・・


08:10 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック : 0 | page top
MASA-Kのここでしか言えない話し! ここで見た話しは誰にも話してはいけない


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 現場所長の苦悩的日々 All Rights Reserved.